ポータルサイト構築 制作 地域ポータルサイト構築 クチコミポータル構築 スマートフォンアプリ構築 CMS 地域情報 検索エンジン 地域ニュースサイト構築

2018.07.03

会社案内

社長挨拶

開発から12年、とうとう自分たちでやることにしました(笑)。

株式会社ビーブレックス 代表取締役社長 小林隆「誰でも簡単に地域の情報サイトが開設できたらいいな」
「地方でその情報発信を仕事にして、なんとか生活していけたらいいな」
そんなことを夢見て作った地域ポータルサイトシステム「AreaCamp(旧製品名B-CUBE)」。早いものでこのシステムをリリースして12年が経過しました。ここまで続けてくると、もう「事業(お金儲け)」というより「研究(意地?)」といった様相を呈してきています。

常に変わらず切に願っているは、民間で運営される「地域の情報サイト」が地元で社会インフラとなり、人々の生活に役立ち、そして正業として成り立つことです。

そして2018年は、大きな転換期となりました。

今までは1つの製品として、立ちげを希望しているお客様にその費用をご負担頂きサプライヤーという立場でサービスを提供させて頂いておりました。多くの方にご愛顧頂き感謝の尽きないところであります。ただ今回それらを一切やめることにしました。これからはほとんどを弊社負担で立上げ、その上で地元の方と提携させて頂きサイトを興していく感じでやろうとしています(ただし弊社もリスクを負うので社内審査ありです)。このやり方だと、お客様との関係は製品を真ん中にして売主・買主という関係ではなく、一緒にやる事業パートナーという関係になります。双方ともに繁栄しなければ全てが成立しないことになります。また費用負担なしに最新のシステムを常に弊社が提供するようにすれば、提携先は継続的な設備投資をしなくても、常に時代にあったサービスを提供できる環境も整うと思っています(この事業の統一ブランドが「StoryJam(ストリージャム)」)。

地域ポータルが事業として成立が難しいのはみなさまご存知の通りです。だったら「難しい」と言っておきながら、お客様に製品を提供するのではなく、自分たちが旗振り役になり、まず自分たちで始めようと思い立ったわけです。正直この判断か正しいかどうかは皆目見当が付いておりません。ただ(リスクが大きくなる分)これまでよりももっともっと脳みそを活性化させ、もっともっと真剣にかつ懸命に働かなくてはならないと思っています。

そして目の前にそういう仕事があることを嬉しく感じております。

これからもどうぞビーブレックスをよろしくお願い申し上げます。

株式会社ビーブレックス 代表取締役社長
小林 隆

私見「地域ポータルサイトの本音」はこちら

代表者略歴(1969年生まれ)
成蹊大学経済学部経営学科卒業
出版社、税務会計事務所勤務の後現在に至る

Company Info

名称 株式会社ビーブレックス
代表取締役 小林 隆
資本金 1,500万円
WEB事業開始 平成14年3月1日
事業内容
  • インターネット関連システムサービス
  • 地域コミュニティサイト運営
社員数 23名
事業所
本社
〒385-0011 長野県佐久市猿久保 245-4 地図はこちら
TEL:0267-65-7201 FAX:0267-88-7031
東京サテライトオフィス
〒162-0838  東京都新宿区細工町3-19
ラコンテカグラザカ4F
TEL:03-5579-8130 FAX:03-5579-8143
運営サイト https://www.slow-style.com/ (軽井沢ナビ)

会社沿革

 

平成13年(2001年)
10月
企業のバックオフィス業務支援を主体とした、(有)ビー・ブレックバックオフィスサービスとして事業開始
同月
経営革新法 経営革新計画認証
平成14年(2002年)
3月
パソコン教室(ビーブレックパソコンスクール)を開校
同月
ホームページ作成業務開始
平成16年(2004年)
1月
地域の情報ポータルサイト「佐久・軽井沢ナビ」を立上
平成17年(2005年)
2月
(株)ビーブレックスへ名称及び組織変更、資本金1500万円へ増資
同月
地元の銀行系ベンチャーキャピタリスト(八十二キャピタル)による社債(82サクセスファンド)引受
3月
ファンド資金により「地域ポータルサイトシステム(B-CUBE)」開発に着手
10月
B-CUBEの原型となるV1.0完成(未発表)
平成18年(2006年)
10月
B-CUBE V2.0を発表(提供開始)
平成19年(2007年)
10月
B-CUBEのDB構造を大幅に見直しV3.0へバージョンUP
平成20年(2008年)
7月
B-CUBE V4.0ワイドバージョンを発表
12月
B-CUBEの基本開発を完了との認識より旧来の名称をB-CUBE Plus(プラス)へと変更統一
平成21年(2009年)
1月
システム提供地域46地域(平成21年1月現在)、弊社初となる海外中国青島(チンタオ)への提供を開始、月に約3件ペースで地域を増加中。
平成25年(2013年)
1月
地域ポータルサイトシステムB-CUBE にコミュニケーション機能が付いた地域snsシステム「LocalParty(ローカルパーティ)」を提供開始(現在廃止)。
平成26年(2014年)
10月
地域ニュースポータルサイトシステム「NEARS(ニアーズ)」を提供開始(現在廃止)。
11月
団体・グループ向け(無料)オンラインサービス「PUBLICA(パブリカ)」を提供開始。
平成28年(2016年)
8月
地域ポータルサイトと連動するスマートフォンアプリ「JOYIN」を発表。
10月
地域ポータルサイトシステム「B-CUBE」の製品名を「AreaCamp(エリアキャンプ)」に改称。最新版を提供開始。
平成30年(2018年)
8月
地域ポータルサイトシステム「AreaCamp」最新バージョンを発表。
このバージョンを持って製品の提供・販売を中止。

この製品を使った自社ブランドでの地域ポータル事業を展開開始。

会社情報

    MAIN-SCHEME| 主要事業

    MEDIATOOL| 事業ツール

  株式会社 ビーブレックス

 【長野本社】
 〒385-0011
 長野県佐久市猿久保245-4
 TEL:0267-65-7201

 【東京事務所】
 〒162-0838
 東京都新宿区細工町3-19 ラコンテカグラザカ4F
 TEL:03-5579-8130

会社案内
お問合せ
求人情報